お知らせ TOKUのニュースをタイムリーに!

bbd.jpg

お知らせ News & Topics

クサカルゴン、ごっそり刈るどー!キャンペーン

  • キャンペーン、延長いたします。
  • たいへんご好評を頂きありがとうございます。
  • ご好評に付きまして、キャンペーン期間を1 ヶ月ではありますが延長させていただくことになりました。
  • 平成22年7月末日、までキャンペーン期間延長です。
  • さらに超お得な特別キャンペーン、爪が2倍ついてます
  • 草刈シーズン突入、クサカルゴンご購入で今なら2倍刈れる
  • 雑草から竹やぶ、雑木まで刈り取ります。チルト式なので刈り込み角度は自由自在です。法面や斜面もきれいに刈り込みます。作業時間が大幅に短縮、効率アップします。人手に頼っていた草刈作業があっという間に出来上がります。
  • プレゼント、キャンペーン期間中にクサカルゴン(KS-15,30,60,120)をお買い上げの方に、もれなくフレール爪1台分プレゼントします。この機会をお見逃しなく。
  • お問い合わせ、最寄の営業所へお問い合せください。また、お問い合せページからメールすることも出来ます。
  • チラシ、右のチラシをクリックすると拡大表示します。
型 式
KS-15 KS-30 KS-60 KS-120
台車(ton)
3-5   3-5   6-8   10-14

クリックで拡大します
キャンペーン6月末まで

クサカルゴン

TMTCRエアートロリーホイストシステム導入

  • 3t未満の能力を持つTOKUエアートロリーホイストシステムTMTCRがこの度、北日本のパワーステーション基地へ導入が決定、本稼動前の試験運転が開始されました。写真はその試運転の様子を伝えています。
  • この現場では主にガスボンベをガス庫へ搬入搬出する為、防爆の見地からエアーホイストシステム導入が決定されました。システムは2機から構成され、搬入口と保管場所の往復をします。
定格荷重
3t未満
操作法
4点ペンダントタイプ
揚程
6m


tmtcr0401.jpg

振動値測定結果の報告です(チッピングハンマ,コンクリートブレーカ)

  • チッピングハンマ,コンクリートブレーカの振動値(3軸合成値)が工場において測定されました。測定条件は「ISO8662-2 ,JIS B7762-2:手持ち可搬形動力工具-ハンドルにおける振動測定方法-第2部:チッピングハンマ及びリベッティリングハンマ、ISO8662-5 ,JIS B7762-5:同-第5部:舗装破砕機及び建設工事用ハンマ」に基づいており、欧州振動指令にも準拠しています。
  • 測定結果は以下の通りです。

 
 
         [製品 型式]            [振動値]

  • チッピングハンマ AA-0B       8.11 m/s²
  • チッピングハンマ AA-1.3B       6.65 m/s²
  • チッピングハンマ AA-3B        9.90 m/s²
  • コンクリートブレーカ TCB-130B  8.32 m/s²

シャットオフレンチ MI-590T(R),(L)、新商品の発表です。2009年12月1日発売開始 New_Icon_rd.png

MI-590TR
大型車車輪脱落事故防止の法律改正(道路運送車両法の点検基準)に伴い、新製品の提案です。

  • TOKUの新トルク管理は4ステップ
    • (1)ホイールボルトクリーナ(MBC-30S)による下準備。
    • (2)シャットオフレンチ(本製品)による仮締め
    • (3)シャットオフレンチ(本製品)による既定トルクでのボルト本締め
    • (4)トルクレンチでの最終増し締めトルク管理
  • TOKUシャットオフレンチは大型車ホイールボルトの締め過ぎを確実に防止します。
  • 右ネジ用(R),左ネジ用(L)の専用機があります。

MI-590T製品案内へLinkIcon

新登場! MBI-120T
バッテリーシャットオフインパクトレンチ

自動シャットオフ機能搭載して、電動インパクトレンチとしてクラス初の発売です。

確実なトルク管理で作業効率の向上

トルク管理を効率良く、確実に行うための「技(わざ)」がここにあります。特許出願中。

ブラシレスモータ搭載

電気ロスが少なく、モーター効率が向上し省エネに貢献。

打撃力4段階切替可能

自動車の車種に応じて4段階の締付けトルクをセレクト。

高輝度LEDライト

作業箇所を照らし暗いところの作業をサポート。

リチウムイオン電池搭載

充電回数、1,300回可能。

自動車自動車タイヤのホイールナットは締め過ぎにより、ボルトに過大な負荷が掛かり、ボルトの寿命を縮じめたり、作業者の不注意による閉め忘れで脱輪の原因になる等の問題があります。これらの問題解決の為、Tokuは自動車ホィールナットの確実なトルク管理が出来るバッテリーシャットオフインパクトレンチを開発しました。また、このインパクトは作業性にも優れ、作業者の熟練度に無関係に確実なトルク管理作業をスピーディーに実現します。

環境に配慮した、防振、防音タイプ新製品をユアサグランドフェアにて出展

ユアサグランドフェアは名古屋9月4~5日、福岡9月11~12日にて開催されました。両展示会でTOKUはコンクリートブレーカ、さく岩機、油圧ブレーカの防振防音仕様の新製品を展示紹介しました。

東空販売は9月4~5日名古屋,11~12日福岡のユアサグランドフェアにて環境を強く意識した低騒音低振動仕様のTOKU新製品を出展しました。

展示品は国内で最も普及しているコンクリートブレーカTCB-200に新型マフラーを装着(写真左下)、さく岩機(ロックドリル)でも防振防音型TJ-15SV(写真左上)、従来品よりもさらに低騒音を追求した超低騒音+防振型の新型油圧ブレーカTNB-2M-US,TNB-4M-US(写真右上)等です。

“環境にやさしく、人にもやさしい”をメインコンセプトに製品化しました。環境に対する社会的ニーズの高まりを反映してこれら環境対策品は訪問客の高い関心を誘っていました。熱心に質問する姿も数多く見られました。

防振防音タイプ製品の詳しいお問い合わせは、各営業所でお待ちしています。

追記:
平成21年7月10日厚生労働省労働基準局からチェンソー以外の振動工具の取り扱い業務に係る振動障害予防対策指針が通達されました。 新しい基準の内容はEUで既に実施されている欧州振動指令2002/44/ECと同じ内容です。TOKUの製品の振動値は新基準(3軸合成値)では下記の通りです。
     [製品]      [型式]    [振動値]
コンクリートブレーカ TCB-200   10.0 m/s²
コンクリートブレーカ TPB-40    15.2 m/s²
コンクリートブレーカ TPB-40SV   6.0 m/s²
さく岩機(ロックドリル) TJ-15SV   18.0 m/s²
さく岩機(ロックドリル) TJ-20SV   15.8 m/s²

注釈:振動値測定製品は防振タイプを使用しています。展示写真の防音タイプとは異なります。

Bauma2010建機展出展

Bauma2010建機展 (TOKUブース、ホール3、325/426)
050330_muenchen-640x823[1].jpg
期日   :2010年4月19日~25日
場所   :独国ミュンヘン
種類   :建機土木機械
2010年4月19日~25日ドイツ国ミュンヘン市で開催の世界最大の建機展Bauma2010にTOKUは出展を決定、展示会開催期間中は日本からTOKU社員が出張常駐の予定です。グローバルな販売展開を図るTOKUはBauma建機展を重要な展示会と位置ずけています。 (ホール3、ブース番号325/426)

2010年TOKU国際展示会出展予定:

展示会名:World of Concrete:
lasvegas2[1].jpg
期日   :2010年2月2日~5日
場所   :米国ラスベガス
種類   :建機土木機械
2010年2月2日~5日米国ラスベガスで開催予定です。東空販売は過去3回出展しており、空圧土木機器を中心に展示予定です。

展示会名:Bauma China 2010
images[10].jpg
期日   :2010年11月23日~26日
場所   :中国上海市
種類   :建機土木機械
2010年11月23日~26日中国上海市で開催予定のアジア最大の建機展です。この建機展に上海東空は第4回目の出展と成ります。展示予定品は油圧ブレーカを中心にその他油圧アタッチメントを予定しております。

TOKU国際展示会出展履歴

地域 期日 建機展名 都市名 国名 備考

P1000360.JPG欧州 2003年4月 Intermat2003 パリ フランス 世界3大建機展の内の1つ

P1000128.JPG欧州 2006年4月 Intermat2005 パリ フランス 世界3大建機展の内の1つ

P1020956.JPG欧州 2007年4月 Bauma2007 ミュンヘン ドイツ 世界最大建機展

Connexpo 2008年2月北米 2008年2月 World of concrete ラスベガス アメリカ アメリカ建設素材展

上海Bauma 2006年11月アジア 2006年11月 上海Bauma2006 上海 中国 アジア最大建機展

TNB新型静音、防振油圧ブレーカテスト開始

静音タイプTNB-3M
新型TNB-静音、防振型ブレーカ:
油圧ブレーカを都市部で使用する場合、近年の環境への配慮から、騒音と振動の問題がクローズアップされています。各油圧ブレーカメーカは低騒音、低振動型ブレーカ開発に注力する中、Tokuは以前からこれらの問題点に取り組んで、試作機でのテストを繰り返して来ました。その結果、騒音源と振動源が重なる点に着目、振動源の振動低下を図れば、同時に騒音の低減効果も期待出来る事を発見しました。油圧ブレーカにおける、主な振動源は打撃時の振動発生です。チゼルの反発を含め、如何に打撃時の振動を吸収、軽減させるかを追求した結果、ブレーカ本体を保持する役目のキープレート溝に衝撃緩衝システムを設けて、振動を吸収する事に成功しました。 これによりブレーカの低騒音と低振動を同時に実現し、画期的な改善となりました。台車オペレータの方々へのインタビューでは振動が劇的に低減したのが体感出来たとのコメントを頂いております。

注)TOKUの騒音値社内テスト比較において静音ブレーカは標準ブレーカに対し約10%の騒音値低減効果が確認されております。

スクラップシャー1号機(イタリアMBI社製SH310)、東北営業所にて初納入

SH310(スクラップシャー)
2009年3月17日-18日秋田県鹿角市にて日本1号機となるイタリアMBI社製SH310スクラップシャー(鉄骨カッター)が納入された。台車への搭載にはイタリアMBI社サービスマン、マウロ氏が台車搭載技術サービス指導の為、今回イタリアから来日、SH310Rを20tエクスカベータに搭載しました。 納入先の解体業社様は油圧ギロチン(800t)を所有され、鉄材の破断に使用されておりますが、固定式の為、素材の移動、破断前の前処理行程が必要で油圧ギロチンでの破断作業には手間が掛かっていました。その点SH310Rはショベル搭載型なので素材を運ぶ必要がなく素材置き場でそのまま破断作業が可能です。破断能力の高さは800tの油圧ギロチンでも手こずる鉄道レール切断を目前で一刀両断した事で証明され、視察者の驚きと感嘆を誘っていました。
MBI社スクラップシァーの特長:
①ドイツ、ディルダー社の特殊鋼(Hardox600,700相当)を採用、軽量化を図っている。②反転シリンダー方式を採用:
シリンダーロッドを保護する為、ロッド露出部を本体内側へ反転配置する事でロッドを保護している。
③増速バルブ採用により大径シリンダーの作動速度を上げている。
④固定刃とジョウ間の隙間に金属片を噛んだ時、独自シム調整システムにより挟み込んだ部分を緩め金属片を容易に除去出来る。
⑤破格の切断能力:
800tの油圧ギロチンでも切断が難しい鉄道レールを一刀両断出来る驚異のパフォーマンス。
⑦油圧測定ポート設定:
ホース取り付け部に油圧測定用ポートを用意、メンテナンス性を上げている。
⑧カッター刃は4面使用可能:

東空初の海外拠点;上海東空国際貿易有限公司(販売会社)、上海東空機械有限公司(製造会社)

上海東空国際貿易有限公司
2002年4月上海東空(販売会社)は中国市場における油圧ブレーカ拡販を目的として設立され、現地法人としてサ-ビス対応力の高さを武器に、売り上げを伸ばして来ました。2008年秋リーマンショック以降、世界景気が大きく落ち込む中、中国市場はいち早く経済が回復し、景気は上昇の気配を見せております。今日、上海東空はTOKUグループの中で重要海外販売拠点の一つとなっております。又、2008年4月には製造会社である上海東空機械を設立し、現場(市場)からの改善要望を直接吸い上げ、いち早く製品に反映させ、且つオリジナル性に富んだ油圧ブレーカブラケットの開発、製造を現地でトータルに行える体制が整いました。

大型チェーンブロック(37.5t、50t)の販売開始:

TNC-50Tホイスト
TOKUは既存チェーンブロックレンジ140kg~25tに加え、37.5tと50tの定格荷重の大型チェーンブロックを新たに製品レンジに加え、国内販売を開始しました。これにより、日本では唯一の、多種多様に渡る製品ニーズを全面的にカバーする総合エアーチェーンブロックメーカとなりました。

上海東空国際貿易有限公司