ツインシリンダ

大割圧砕機Dシリーズ

D-35B

D-42

D-62

D-71

D-122

D-131

D-212

D-352

D-412

D-452

D-482

D-492

D-1052

D-1082

D-1092

大割圧砕機D Image

D SERIES CRUSHER

大割圧砕機は、建機アタッチメントでもコンクリート建造物の解体(コンクリート破砕)を主目的としたアタッチメントです。こちらのDシリーズはTOKU大割圧砕機のメイン製品で、最大クラスの開口幅とツインシリンダによる強力な圧砕力で作業効率が大幅にアップします。
ビル解体や基礎解体など一次圧砕に威力を発揮します。

より高い作業性を追求し、3つの旋回方式をご用意しました。

Fタイプ

フリー旋回式

Sタイプ

油圧旋回式

Aタイプ

自動旋回式

特長

業界最大クラスの開口幅とトップクラスの圧砕力

  • 10トンクラスD-131は1,000mm、 20トンクラスD-212は1,300mmの業界最大開口幅を誇ります。
  • ツインシリンダを採用し、トップクラスの圧砕力を実現しました。

軽量・シンプル構造で抜群の作業性、メンテナンスコストも削減します。

  • 軽量化設計で高い作業性を実現し、燃費の向上にも貢献します。
  • 増速バルブを全機種に標準搭載、スムーズな圧砕作業を実現します。(D-35Bを除く)
  • 同期リンクなしのシンプル設計で、メンテナンス性の向上を図りました。

特殊鋼ブレードを標準装備

  • 特殊鋼ブレードを全機種に標準装備、コンクリート鉄筋の切断作業が可能です。
  • 特殊鋼ブレードは2面使用が可能とし、ランニングコスト低減化を実現します。

その他の機能・装備

シリンダロッドガード

シリンダを保護し、耐久性を高めます。

本体フレームサイドカバー

本体フレーム側面にのカバーで内部配管を保護します。

商品紹介ビデオ

大割圧砕機 現場使用ビデオ

仕様図 - DIMENSIONAL DRAWING -

Dシリーズ仕様図

仕様 - SPECIFICATIONS -

型式 D-35B D-42 D-62 D-71 D-122 D-131 D-212 D-352 D-412 D-452 D-482 D-492 D-1052 D-1082 D-1092
本体クラスの目安(ton) 3 - 4 4 - 5 6 - 8 6 - 8 12 - 14 12 - 14 20 - 22 30 - 37 40 - 45 40 - 45 45 - 55 45 - 55 100 100 100
使用圧力(MPa) 24.5 24.5 24.5 24.5 29.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4 31.4
最大使用圧力(MPa) 24.5 24.5 27.4 27.4 31.4 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3 34.3
本体長さA(mm) F:1000
S:1000
A:1000
F:1240
S:1240
A:1240
F:1690
S:1690
A:1690
F:1720
S:1720
A:1720
F:1870
S:1870
A:1870
F:2070
S:2070
A:2070
F:2350
S:2350
A:2350
F:2820
S:2820
A:2820
F:3100
S:3100
A:3100
F:3190
S:3190
A:3190
F:3310
S:3310
A:3310
F:3410
S:3410
A:3410
F:3260
S:3260
A:3260
F:3380
S:3380
A:3380
F:3450
S:3450
A:3450
最大開口幅B(mm) 360 500 630 800 900 1000 1300 1550 1800 1900 2000 2200 1900 2000 2200
ブレード長C(mm) 100 110 130 130 130 170 210 240 240 240 240 240 240 240 240
先端圧砕力D(kN) 240 343 431 519 532 725 1160 1380 1380 1380 2250 2060 1338 2250 2060
中央圧砕力E(kN) 358 529 676 794 834 1120 1730 2110 2110 2110 3370 3150 2110 3370 3150
質量(kg) F:240
S:240
A:240
F:380
S:380
A:380
F:740
S:740
A:740
F:850
S:870
A:880
F:1090
S:1090
A:1090
F:1400
S:1400
A:1400
F:2350
S:2370
A:2370
F:3680
S:3680
A:3680
F:4600
S:4600
A:4600
F:5110
S:5110
A:5110
F:6070
S:6070
A:6070
F:6380
S:6380
A:6380
F:5610
S:5610
A:5610
F:6600
S:6600
A:6600
F:6880
S:6880
A:6880
旋回タイプ F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A F/S/A

* 旋回タイプ【F:フリー旋回式 S: 油圧旋回式 A:オートマ旋回式】

* 必要となる油圧配管【F:1往復配管 S:2往復配管(回転ラインの背圧が2MPaを超える場合はドレン配管が必要です。) A:1往復配管】

* オートマ旋回式をご使用の際、使用圧力が低い場合は旋回不能になることがありますのでご注意ください。

* ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。

* クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。

* 仕様は予告なく変更する場合がございます。